Root eye wear | 名古屋市中村区のメガネ屋 メガネ JAPONISM(ジャポニスム)

JAPONISM(ジャポニスム)

JAPONISM

「 日本的モダン 」 1984年のBOSTON CLUB創立から、メガネフレームのデザイン企画会社として、アパレルメーカーや眼鏡商社やOEMを手掛けた経験を礎に、世界に誇る日本の美と世界水準の生産技術を取り入れたメガネをワールドワイドにアピールするために、’96年IOFTでハウスブランド“ジャポニスム JAPONISM”を発表しました。高品質、シンプル、そしてフレームそのものの存在感。デザインだけで終わらない機能性と実用性、さらに遊び心をエッセンスに、「機能が自然な形状に内包されたフレーム」それが“ジャポニスム JAPONISM”です。 2006年でブランド設立10周年を迎え、進化しつづける独自のデザインと機能性。その造形を、世界最高品質を誇る日本・鯖江で―――。その思いを強く持ち、高い感性と熟練工たる作り手がお互いに刺激し合い本物の眼鏡づくりを目指します。 JAPONISM:19世紀末、日本美術が西洋美術、欧米ファッションなどに影響を与えたムーブメント“ジャポニスム”に由来します。


JAPONISM ホームページ http://www.bostonclub.co.jp/brand_japonism.php



ジャポニスム 561

シンプルでバランスの良い玉型のオールアセテートフレームです。時代に左右されないデザインで癖のないスタンダードなモデル。テンプルにはβチタン製の板バネを内蔵し包み込むような掛け心地を備えました。


ジャポニスム 562

先にご紹介したモデルの別カラーバージョン。このモデルは少し春を意識した感じでしょうか。透明性のあるカーキ色が印象的です。 進化した板バネ構造をテンプル部に内蔵した優れモノです。


ジャポニスム 566

1997年にリリースされたJN702が現在の最新技術と感覚を以って生まれ変わったアレンジングモデルです。フロントはチタンシートとアセテートを重ね着させたような画期的構造で違素材同士のコントラストが特徴的なフォルムになっています。しっかりとしたホールド感を出すために体積計算されたβチタン芯と板バネ構造がフロント裏からテンプル内部に採用されています。


ジャポニスム 564

高度なプラス技術と3D加工で作られた多面体的でボリューミーな鎧パーツと耳側のリムレスの部分とのギャップが知的かつ軽快な印象を演出します。ホールド感を高めるために鎧の内側にβチタン製のパーツを内蔵しています。


ジャポニスム 562

従来から採用されている板バネ機構を進化させたアセテートモデル。テンプルとフロントの隙間にあった切削部が見えにくくされています。合口の部分に装着された別パーツの生地が少し 高級感をアップさせます。綺麗なマットブルーです。


ジャポニスム 558

難度の高い冷間鍛造で製造したフロントとテンプルの流線が美しいメタル系ナイロールモデル。ハイパーβチタンのブローがフレームにかかる力を吸収しレンズに歪が出ないように設計されています。流れが繋がるように配された表面処理(色付)が見た目まで全てにこだわるジャポニスムらしいモデルです。


ジャポニスム sense103

ヨロイとテンプル飾りに金属パーツを採用したコンビネーションモデルです。飾り過ぎていないので掛ける人の顔に馴染み易く、誠実さを演出します。様々なカラーフレームが増えてきた中、王道のデミブラウンはむしろ新鮮ではないでしょうか。


ジャポニスム 555

バランスの良いソフトウェリントン型。掛ける人の顔型を選ばない優等生フレームです。表、中間層、裏での3色使いはBCPCなどでよく見ますが上段、中段、下段の3色使いは珍しい。板バネ内蔵で掛け心地にもこだわっています。


ジャポニスム 560

先にご紹介したフレームの別カラーバージョン。フロントには、より先鋭的にシャープさの増したシルバーとシルバーマット、テンプルにはクリア生地を採用しています。


ジャポニスムsense101

今春、発表されたジャポニスムのニューライン、”センス”。トレンドを押さえたウェリントンタイプです。フロントはチタン、テンプルはアセテートを採用し、板バネを内蔵した掛け心地にもこだわったモデルです。


ジャポニスム560

以前の大ヒットモデル433をオマージュしたようなデザイン。ポイントとなるヨロイの3D構造はあえて別パーツを組み合わせ、色の違いと立体感にこだわっています。カッコいい


ジャポニスムJP-016

プロジェクションシリーズ最新作。立体的でありながらムダを削ぎ落としたモデル。プレスで成形されたアンダーリムは質感を高めると共にレンズの厚みも気にならない設計になっています。


ジャポニスム1004

JIS規格ではA7075と呼ばれる超々ジュラルミンをフロント部のブローパーツに組み込んだハイステージシリーズ最新モデル。


ジャポニスム1004

重厚感のある別カラーバージョン


ジャポニスム1003

強弱の美しいラインは50回以上のプレスを経て完成したチタン製では量産制作不可能とされていたモデル。


ジャポニスム538

厚さ12mmのアセテート素材から削り出し、立体感とカラー表現にこだわったモデル。フロントにはチタンリムを内蔵。


ジャポニスム553

ブローパーツにバネ機能を内蔵。包み込むフィット感とエッジの効いたラインが特徴的なモデル。


ジャポニスム441

油圧プレスで製造したオールアセテートフレーム。立体的で奥行きのあるフロントと板バネを内蔵したテンプルで滑らかさとしなやかな掛け心地を実現したモデル。

Page Top

side menu


店舗所在地が中村区といっても西の端っこですので、あま市大治町名古屋市中川区
名古屋市西区名古屋市中村区名駅周辺清須市津島市の方々にも利用して頂いてます。
素敵なメガネかっこいいメガネを提案させていただきますので是非お越し下さい!